32978
0
味遊たくみや「牡蠣の佃煮」(100g) 
https://yourss.jp/products/detail.php?product_id=32978
<strong>味遊たくみやの「イチ」押し!</strong> <strong>牡蠣の佃煮(100g)</strong> 北海道厚岸産の牡蠣の旨みと栄養価を凝縮した、やわらかくクセのない甘露煮風味の逸品です。 厚岸(アッケシ)はアイヌ語で「アッケケシ(牡蠣の多いところ)」 厚岸(アッケシ)はちょうど根室市と釧路市の真ん中くらいに位置しています。札幌からだと約360㎞、車で5時間半(!)かかります。 羽田からだと釧路空港まで約1時間30分。そこからレンタカーで1時間かからなくいらいのところにあります。遠いですよね。 その分北海道らしい大自然で、牡蠣の生産地を囲むように道立厚岸自然公園を頂き、とっても風光明媚な土地です。 今現在日本を代表する牡蠣生産地して知られていますが、実は厚岸(アッケシ)はアイヌ語で「アッケケシ(かきの多いところ)」という語源からつけられた地名とされており、 この一帯が遥か古来よりカキの生育に適する大産地であった事を物語っています。厚岸はまさに牡蠣の為、いにしえから出来た土地と言っても過言ではありません。 代表的な牡蠣生産地である厚岸湖には牡蠣島(正式には弁天島)と言う小さな島があります。漁船をチャーターしないと行けない小さな島で、 今は島自体が地盤沈下でとても小さくなっていますが、ここにミステリアスな小さな社、弁天神社がぽつんと建っています。 一体いつ、誰が建てたものなのでしょう?実はこの社は厚岸と牡蠣の歴史をひもとく重要な役割を担っています。 代表的な牡蠣生産地である厚岸湖には牡蠣島(正式には弁天島)と言う小さな島があります。漁船をチャーターしないと行けない小さな島で、 今は島自体が地盤沈下でとても小さくなっていますが、ここにミステリアスな小さな社、弁天神社がぽつんと建っています。 一体いつ、誰が建てたものなのでしょう?実はこの社は厚岸と牡蠣の歴史をひもとく重要な役割を担っています。 ちなみにこの神社には、山田文右衛門という人が1852年に奉納した弁財天の座像が祭られています。 木彫りに極彩色を施した高さ約20cm程度の座像です。弁財天は七福神の一人として古来より信仰されており、冒頭の通り、 船をチャーターする必要があり、一般公開もされていません。 厚岸町郷土館に資料がありますので、興味ある方はそちらをご覧になって下さい。 このように厚岸は暖流と寒流が入り組む上に、「別寒辺牛川(べかんべうしがわ)」の淡水と、太平洋の海水が混ざりあう汽水湖があり、 植物性プランクトンが豊富なので、古来より牡蠣が育つ全ての条件は揃った海なのです。 国内で唯一、一年中生で食べる事が出来る天然の養殖地 厚岸は道東に位置しており、年間を通じて大変冷涼な気候となっています。 そのため、通年でも温度変化が小さく、牡蠣がじっくりと栄養を吸収し、ゆったりと育つことが出来ます。 このため厚岸は我が国で唯一、かきを年中生食として、食すことができるたぐいまれな土地です。 私達の「牡蠣の佃煮」はその牡蠣だけ、100%厚岸の牡蠣だけで造られています。 普通に生で食べても圧倒的に美味しい牡蠣を、惜しげも無く使ったのがこの「牡蠣の佃煮」なのです。 「牡蠣の佃煮」は100%まるえもん 我々が自信をもっておすすめする「牡蠣の佃煮」は、「まるえもん」という品種のみ100%を使っています。 この品種は他の牡蠣に比べて甘くまろやかなので、佃煮にとても適しております。 20年連続道東の道の駅で売り上げNo.1を誇る圧倒的な売上 「牡蠣の佃煮」は道東の道の駅販売部門で20年ほど第1位の商品を誇っています! ここ2、3年は残念な事に2位になっておりますが、まさに超安定のロングセラー・大人気商品なのです。 手間暇かけた匠の製法が、牡蠣のうまみを最大限引き出します。 「牡蠣の佃煮」は、牡蠣職人である黒田水産の人達が丹精込めて作っています。 まず下処理を行います。カキそのものの豊富な栄養価を損なわぬよう、いえ、逆にその栄養価や旨味を最大限引き出すための製法で作られています。 長年にわたって研究蓄積された十数種類もの牡蠣エキスを絶妙なバランスで調合した秘伝の調味液で一度炊きます。 そしてそれを自然冷却し、二度目の味付けを行います。このプロセスで、芯のしんまでしみるように、じっくり味付けをしていきます。 佃煮本来の製造過程を継承しつつ、食文化の進化した近年にそぐうよう、あくまで甘露煮仕立て風味に上品に造り上げています。 かき本来の豊富な栄養価を守りつつ、生臭みも一切無い、やわらかく癖のない大変美味しいものに仕上がっています。 「牡蠣の佃煮」の100gを2パック合わせると2,3人分の炊き込みご飯の具材としてもご利用頂けます。 蝦夷地の天然の養殖地で育った牡蠣を、貴方の食卓で 北海道の大自然で育てられた100%まるえもんの「牡蠣の佃煮」はそのまま日本酒や焼酎の酒の肴としてすぐお召し上がり頂けるのは勿論、 ご飯のお供としても最高の逸品です。また、少し温めて頂きますと、豊かな香りが立ち上がり、より一層美味しくお召し上がりになれます。 <strong>●そのままご飯にのせて</strong> ふっくらジューシーで、味も濃すぎずお酒のおつまみは勿論、ご飯との相性は最高! <strong>●牡蠣丼</strong> お好きな食材を入れ溶き卵をはなし、鍋でひと煮立ちさせると、かき丼としても美味しく召し上がれます。 ふんわりとした卵との相性は抜群です。 <strong>●牡蠣の炊き込みご飯</strong> お米と一緒に炊く事で牡蠣の炊き込み飯に早変わり。 御飯にも牡蠣の味がしみこみ、お口いっぱいに磯の香りが広がります。 ■内容量 100g ■原材料  牡蠣(北海道厚岸)、砂糖、醤油、植物たん白加水分解物、魚介エキス/調味料(アミノ酸等)、着色料(カロチノイド、フラボノイド)、(一部に小麦・大豆を含む) 栄養成分表示(100g当り) エネルギー 196kcal たん白質 17.9g 脂質 5.5g 炭水化物 18.7g 食塩相当量 2.1g(推定値) ■アレルギー特定原材料  小麦 (7品目) ■加工地 北海道厚岸 ■賞味期限 60日 ■保存方法 要冷蔵10℃以下 ▼▼▼ こちらのサイトでも購入できます ▼▼▼ <strong>&nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp;&nbsp;<a href="https://miyu-takumiya.com/products/detail/46">味遊 たくみや</a></strong> &nbsp; &nbsp;
https://yourss.jp/upload/save_image/takumiya0011.jpg
グルメ
食品
魚介類 / 海産物 / 魚加工品
グルメ
食品
惣菜
グルメ
食品
明太子 / たらこ / 魚卵
グルメ
食品
漬け物 / キムチ / 梅干し
グルメ
食品
珍味
1228
<strong>味遊たくみやの「イチ」押し!</strong> <strong>牡蠣の佃煮(100g)</strong> 北海道厚岸産の牡蠣の旨みと栄養価を凝縮した、やわらかくクセのない甘露煮風味の逸品です。 厚岸(アッケシ)はアイヌ語で「アッケケシ(牡蠣の多いところ)」 厚岸(アッケシ)はちょうど根室市と釧路市の真ん中くらいに位置しています。札幌からだと約360㎞、車で5時間半(!)かかります。 羽田からだと釧路空港まで約1時間30分。そこからレンタカーで1時間かからなくいらいのところにあります。遠いですよね。 その分北海道らしい大自然で、牡蠣の生産地を囲むように道立厚岸自然公園を頂き、とっても風光明媚な土地です。 今現在日本を代表する牡蠣生産地して知られていますが、実は厚岸(アッケシ)はアイヌ語で「アッケケシ(かきの多いところ)」という語源からつけられた地名とされており、 この一帯が遥か古来よりカキの生育に適する大産地であった事を物語っています。厚岸はまさに牡蠣の為、いにしえから出来た土地と言っても過言ではありません。 代表的な牡蠣生産地である厚岸湖には牡蠣島(正式には弁天島)と言う小さな島があります。漁船をチャーターしないと行けない小さな島で、 今は島自体が地盤沈下でとても小さくなっていますが、ここにミステリアスな小さな社、弁天神社がぽつんと建っています。 一体いつ、誰が建てたものなのでしょう?実はこの社は厚岸と牡蠣の歴史をひもとく重要な役割を担っています。 代表的な牡蠣生産地である厚岸湖には牡蠣島(正式には弁天島)と言う小さな島があります。漁船をチャーターしないと行けない小さな島で、 今は島自体が地盤沈下でとても小さくなっていますが、ここにミステリアスな小さな社、弁天神社がぽつんと建っています。 一体いつ、誰が建てたものなのでしょう?実はこの社は厚岸と牡蠣の歴史をひもとく重要な役割を担っています。 ちなみにこの神社には、山田文右衛門という人が1852年に奉納した弁財天の座像が祭られています。 木彫りに極彩色を施した高さ約20cm程度の座像です。弁財天は七福神の一人として古来より信仰されており、冒頭の通り、 船をチャーターする必要があり、一般公開もされていません。 厚岸町郷土館に資料がありますので、興味ある方はそちらをご覧になって下さい。 このように厚岸は暖流と寒流が入り組む上に、「別寒辺牛川(べかんべうしがわ)」の淡水と、太平洋の海水が混ざりあう汽水湖があり、 植物性プランクトンが豊富なので、古来より牡蠣が育つ全ての条件は揃った海なのです。 国内で唯一、一年中生で食べる事が出来る天然の養殖地 厚岸は道東に位置しており、年間を通じて大変冷涼な気候となっています。 そのため、通年でも温度変化が小さく、牡蠣がじっくりと栄養を吸収し、ゆったりと育つことが出来ます。 このため厚岸は我が国で唯一、かきを年中生食として、食すことができるたぐいまれな土地です。 私達の「牡蠣の佃煮」はその牡蠣だけ、100%厚岸の牡蠣だけで造られています。 普通に生で食べても圧倒的に美味しい牡蠣を、惜しげも無く使ったのがこの「牡蠣の佃煮」なのです。 「牡蠣の佃煮」は100%まるえもん 我々が自信をもっておすすめする「牡蠣の佃煮」は、「まるえもん」という品種のみ100%を使っています。 この品種は他の牡蠣に比べて甘くまろやかなので、佃煮にとても適しております。 20年連続道東の道の駅で売り上げNo.1を誇る圧倒的な売上 「牡蠣の佃煮」は道東の道の駅販売部門で20年ほど第1位の商品を誇っています! ここ2、3年は残念な事に2位になっておりますが、まさに超安定のロングセラー・大人気商品なのです。 手間暇かけた匠の製法が、牡蠣のうまみを最大限引き出します。 「牡蠣の佃煮」は、牡蠣職人である黒田水産の人達が丹精込めて作っています。 まず下処理を行います。カキそのものの豊富な栄養価を損なわぬよう、いえ、逆にその栄養価や旨味を最大限引き出すための製法で作られています。 長年にわたって研究蓄積された十数種類もの牡蠣エキスを絶妙なバランスで調合した秘伝の調味液で一度炊きます。 そしてそれを自然冷却し、二度目の味付けを行います。このプロセスで、芯のしんまでしみるように、じっくり味付けをしていきます。 佃煮本来の製造過程を継承しつつ、食文化の進化した近年にそぐうよう、あくまで甘露煮仕立て風味に上品に造り上げています。 かき本来の豊富な栄養価を守りつつ、生臭みも一切無い、やわらかく癖のない大変美味しいものに仕上がっています。 「牡蠣の佃煮」の100gを2パック合わせると2,3人分の炊き込みご飯の具材としてもご利用頂けます。 蝦夷地の天然の養殖地で育った牡蠣を、貴方の食卓で 北海道の大自然で育てられた100%まるえもんの「牡蠣の佃煮」はそのまま日本酒や焼酎の酒の肴としてすぐお召し上がり頂けるのは勿論、 ご飯のお供としても最高の逸品です。また、少し温めて頂きますと、豊かな香りが立ち上がり、より一層美味しくお召し上がりになれます。 <strong>●そのままご飯にのせて</strong> ふっくらジューシーで、味も濃すぎずお酒のおつまみは勿論、ご飯との相性は最高! <strong>●牡蠣丼</strong> お好きな食材を入れ溶き卵をはなし、鍋でひと煮立ちさせると、かき丼としても美味しく召し上がれます。 ふんわりとした卵との相性は抜群です。 <strong>●牡蠣の炊き込みご飯</strong> お米と一緒に炊く事で牡蠣の炊き込み飯に早変わり。 御飯にも牡蠣の味がしみこみ、お口いっぱいに磯の香りが広がります。 ■内容量 100g ■原材料  牡蠣(北海道厚岸)、砂糖、醤油、植物たん白加水分解物、魚介エキス/調味料(アミノ酸等)、着色料(カロチノイド、フラボノイド)、(一部に小麦・大豆を含む) 栄養成分表示(100g当り) エネルギー 196kcal たん白質 17.9g 脂質 5.5g 炭水化物 18.7g 食塩相当量 2.1g(推定値) ■アレルギー特定原材料  小麦 (7品目) ■加工地 北海道厚岸 ■賞味期限 60日 ■保存方法 要冷蔵10℃以下 ▼▼▼ こちらのサイトでも購入できます ▼▼▼ <strong>&nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp;&nbsp;<a href="https://miyu-takumiya.com/products/detail/46">味遊 たくみや</a></strong> &nbsp; &nbsp;
10

味遊たくみや「牡蠣の佃煮」(100g) 

味遊たくみやの「イチ」押し!

牡蠣の佃煮(100g)

北海道厚岸産の牡蠣の旨みと栄養価を凝縮した、やわらかくクセのない甘露煮風味の逸品です。

厚岸(アッケシ)はアイヌ語で「アッケケシ(牡蠣の多いところ)」
厚岸(アッケシ)はちょうど根室市と釧路市の真ん中くらいに位置しています。札幌からだと約360㎞、車で5時間半(!)かかります。 羽田からだと釧路空港まで約1時間30分。そこからレンタカーで1時間かからなくいらいのところにあります。遠いですよね。 その分北海道らしい大自然で、牡蠣の生産地を囲むように道立厚岸自然公園を頂き、とっても風光明媚な土地です。
今現在日本を代表する牡蠣生産地して知られていますが、実は厚岸(アッケシ)はアイヌ語で「アッケケシ(かきの多いところ)」という語源からつけられた地名とされており、 この一帯が遥か古来よりカキの生育に適する大産地であった事を物語っています。厚岸はまさに牡蠣の為、いにしえから出来た土地と言っても過言ではありません。

代表的な牡蠣生産地である厚岸湖には牡蠣島(正式には弁天島)と言う小さな島があります。漁船をチャーターしないと行けない小さな島で、 今は島自体が地盤沈下でとても小さくなっていますが、ここにミステリアスな小さな社、弁天神社がぽつんと建っています。 一体いつ、誰が建てたものなのでしょう?実はこの社は厚岸と牡蠣の歴史をひもとく重要な役割を担っています。

代表的な牡蠣生産地である厚岸湖には牡蠣島(正式には弁天島)と言う小さな島があります。漁船をチャーターしないと行けない小さな島で、 今は島自体が地盤沈下でとても小さくなっていますが、ここにミステリアスな小さな社、弁天神社がぽつんと建っています。 一体いつ、誰が建てたものなのでしょう?実はこの社は厚岸と牡蠣の歴史をひもとく重要な役割を担っています。

ちなみにこの神社には、山田文右衛門という人が1852年に奉納した弁財天の座像が祭られています。 木彫りに極彩色を施した高さ約20cm程度の座像です。弁財天は七福神の一人として古来より信仰されており、冒頭の通り、 船をチャーターする必要があり、一般公開もされていません。
厚岸町郷土館に資料がありますので、興味ある方はそちらをご覧になって下さい。
このように厚岸は暖流と寒流が入り組む上に、「別寒辺牛川(べかんべうしがわ)」の淡水と、太平洋の海水が混ざりあう汽水湖があり、 植物性プランクトンが豊富なので、古来より牡蠣が育つ全ての条件は揃った海なのです。

国内で唯一、一年中生で食べる事が出来る天然の養殖地

厚岸は道東に位置しており、年間を通じて大変冷涼な気候となっています。
そのため、通年でも温度変化が小さく、牡蠣がじっくりと栄養を吸収し、ゆったりと育つことが出来ます。
このため厚岸は我が国で唯一、かきを年中生食として、食すことができるたぐいまれな土地です。
私達の「牡蠣の佃煮」はその牡蠣だけ、100%厚岸の牡蠣だけで造られています。
普通に生で食べても圧倒的に美味しい牡蠣を、惜しげも無く使ったのがこの「牡蠣の佃煮」なのです。

「牡蠣の佃煮」は100%まるえもん

我々が自信をもっておすすめする「牡蠣の佃煮」は、「まるえもん」という品種のみ100%を使っています。

この品種は他の牡蠣に比べて甘くまろやかなので、佃煮にとても適しております。

20年連続道東の道の駅で売り上げNo.1を誇る圧倒的な売上
「牡蠣の佃煮」は道東の道の駅販売部門で20年ほど第1位の商品を誇っています!
ここ2、3年は残念な事に2位になっておりますが、まさに超安定のロングセラー・大人気商品なのです。

手間暇かけた匠の製法が、牡蠣のうまみを最大限引き出します。
「牡蠣の佃煮」は、牡蠣職人である黒田水産の人達が丹精込めて作っています。
まず下処理を行います。カキそのものの豊富な栄養価を損なわぬよう、いえ、逆にその栄養価や旨味を最大限引き出すための製法で作られています。 長年にわたって研究蓄積された十数種類もの牡蠣エキスを絶妙なバランスで調合した秘伝の調味液で一度炊きます。 そしてそれを自然冷却し、二度目の味付けを行います。このプロセスで、芯のしんまでしみるように、じっくり味付けをしていきます。
佃煮本来の製造過程を継承しつつ、食文化の進化した近年にそぐうよう、あくまで甘露煮仕立て風味に上品に造り上げています。
かき本来の豊富な栄養価を守りつつ、生臭みも一切無い、やわらかく癖のない大変美味しいものに仕上がっています。

「牡蠣の佃煮」の100gを2パック合わせると2,3人分の炊き込みご飯の具材としてもご利用頂けます。
蝦夷地の天然の養殖地で育った牡蠣を、貴方の食卓で
北海道の大自然で育てられた100%まるえもんの「牡蠣の佃煮」はそのまま日本酒や焼酎の酒の肴としてすぐお召し上がり頂けるのは勿論、 ご飯のお供としても最高の逸品です。また、少し温めて頂きますと、豊かな香りが立ち上がり、より一層美味しくお召し上がりになれます。

●そのままご飯にのせて
ふっくらジューシーで、味も濃すぎずお酒のおつまみは勿論、ご飯との相性は最高!

●牡蠣丼
お好きな食材を入れ溶き卵をはなし、鍋でひと煮立ちさせると、かき丼としても美味しく召し上がれます。
ふんわりとした卵との相性は抜群です。

●牡蠣の炊き込みご飯
お米と一緒に炊く事で牡蠣の炊き込み飯に早変わり。 御飯にも牡蠣の味がしみこみ、お口いっぱいに磯の香りが広がります。


■内容量 100g
■原材料  牡蠣(北海道厚岸)、砂糖、醤油、植物たん白加水分解物、魚介エキス/調味料(アミノ酸等)、着色料(カロチノイド、フラボノイド)、(一部に小麦・大豆を含む) 栄養成分表示(100g当り) エネルギー 196kcal たん白質 17.9g 脂質 5.5g 炭水化物 18.7g 食塩相当量 2.1g(推定値)
■アレルギー特定原材料  小麦 (7品目)
■加工地 北海道厚岸
■賞味期限 60日
■保存方法 要冷蔵10℃以下


▼▼▼ こちらのサイトでも購入できます ▼▼▼

                  味遊 たくみや  

 

商品コード: takumiya001

味遊たくみや「牡蠣の佃煮」(100g) 

販売価格(税込) 1,350円
ポイント 12 Pt
関連カテゴリ グルメ > 食品 > 魚介類 / 海産物 / 魚加工品 グルメ > 食品 > 惣菜 グルメ > 食品 > 明太子 / たらこ / 魚卵 グルメ > 食品 > 漬け物 / キムチ / 梅干し グルメ > 食品 > 珍味

4人がお気に入り登録しています。


個数: カゴに入れる

商品内容

【商品名】
味遊たくみや「牡蠣の佃煮」(100g) 

【販売価格】
1.350円(税込) 
※ポイント併用での決済可 ◎

【代引き】
代引き不可 ×

【YOURSポイント】
ポイント ◎

【送料】(クール便)
北海道 866円
青森・岩手・秋田 1,033円
宮城・山形・福島 1,134円
茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨 1,273円
新潟・長野 1,273円
富山・石川・福井 1,383円
岐阜・静岡・愛知・三重 1,383円
滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山 1,619円
鳥取・島根・岡山・広島・山口 1,729円
徳島・香川・愛媛・高知 1,729円
福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島 1,915円
沖縄 2,244円

※金額は税込価格となります。またクール料金についても含まれております。

【会社概要】
有限会社 拓味食研
味遊 たくみや
〒063-0037
北海道札幌市西区西野七条3丁目5-30
担当者 池戸 健二
お問合せ: 011-590-0788
 
ページの先頭へ